趣味がない大人のための400の趣味探し

趣味百科

娯楽・おもしろ

ぐにゅぐにゅ動く!面白いキネティックアート10選まとめ

投稿日:2015年12月24日 更新日:


今回は見ていて飽きない不思議なキネティックアートをまとめてみました。

キネティックアートとは動きを取り入れた芸術のことで、
電気や風などの動力を使ったり、目の錯覚を利用した作品です。

誰でも楽しんで見られるアートなのでぜひYoutubeで見てみましょう!

天井から吊られた球体が作るアート

吊られた球体が上下に動き、幾つもの形に変化するキネティックアート。
綿密に計算されたプログラムによって美しい造形美を作り出しています。

棒が何通りもの模様を作り出す

複数の棒が折れたり動いたりしながら、幾つもの直線的な模様を描き続けます。
少ない棒の数で無数の芸術を作り出せることに驚きます。

ドット柄の雲に模様が走る

雲のメダルがオセロのように裏返ったりしながら模様が描かれています。
粗いドットのように見えて、ぬるぬる模様が動いてます。

トゲトゲボールで絵を描く

大きな風船の球体にクレヨンが付いており、それを転がすと無数の線が引ける。
壁に描かれた線も作品の一部になる先進的なアート作品です。
触っているお客さんがすごく楽しそう。

揺らすことで美しいウェーブが作られる作品

ペンデュラムボールを一斉に揺らすと、美しい曲線が描かれます。
これを作りだすのに細かな計算がされているのが分かりますね。

機械仕掛けのアートたち

全自動タバコ装置・ハンマー装置・ゼリーをプルプルさせるだけの装置など
全体的にシュールで、どこか可愛らしさを感じます。

超ピタゴラスイッチ

このピタゴラスイッチな装置もキネティックアートです。
ものすごく長いコースで作成した労力に感服。

目の錯覚を利用したキネティックアート

2

6

5

動いていないのに動いているように見える作品。
一点を見つめるとまわりがグニャグニャ…。わかっていても不思議です。

以上、見ていて飽きないキネティックアート特集でした。

日本のキネティックアート展も行ったことがありますが、気楽に楽しめるので普段美術館に行かない方にもおすすめですよ。

-娯楽・おもしろ

Copyright© 趣味百科 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.